展覧会

トップページ展覧会 > スズキコージ展~入場料はくりの実10個~

スズキコージ展バナー

情報は随時更新中です!

                         
開催日 2/13(日)-2/27(日)
月-土:9時から21時
日・祝:9時から17時
会 場 御殿山生涯学習美術センター 1Fロビー
入場料 無料(もしくはくりの実10個)
内 容 奇想天外な発想とダイナミックな描写独特の彩色で生命力あふれる作品を描き続けるスズキコージ。

絵本だけではなく、独創的で濃密な世界観に満ち溢れた作品が多くの人を惹きつけています。

本展では数ある作品の中から、スズキコージ初期の代表作である絵本『やまのディスコ』をはじめ、枚方市在住の翻訳家、片山ふえとともにつくりあげた絵本『チンチラカと大男』、幅広い創作活動の足跡を感じて頂けるよう、ライブペインティング作品なども展示いたします。

30年以上の長きにわたり画家として多くの作品を発表し続けるスズキコージの果てしないエネルギ-からは元気をもらうことが出来ます。
明るく楽しい不思議な世界であなたをお待ちしております!
作家紹介スズキコージ

1948 年静岡県浜松市生まれ。
幼少期より絵描きを目指し、高校卒業後に上京。
1971 年『ゆきむすめ』(ビリケン出版)で絵本画家デビュー。
『 エンソくんきしゃにのる』『 きゅうりさんあぶないよ』( いずれも福音館書店)、『 やまのディスコ』(架空社)など、作品多数。
1995 年以降、即興で大きなキャンバスに幻想的な世界を描きだすライブ・ペインティング作品も制作。神戸市在住。
関連
イベント
マナビスト講座
「絵本を語る~『チンチラカと大男』ともに~」

ジョージアの昔話「チンチラカと大男」のテキストを手がけられた翻訳家の片山ふえさん(枚方市在住)と絵を手掛けられた画家のスズキコージさんによる講演会です。

おふたりのお話がどう広がっていくかは未知数。絵本づくりへの思いや、制作の裏話などをお話いただきます。

日時:2022年2月20日(日) 13:30~16:00
会場:2階ホール
出演:片山ふえさん(翻訳家)、スズキコージさん(絵本作家)
参加費:無料
定員:40名(先着)
申込:2022年1月20日(木)10:00~窓口・電話にて受付(先着)

マナビスト講座「絵本を語る~『チンチラカと大男』ともに~」
詳細は【こちら】から
関連
イベント
【いま、スズキコージを読もう!】

展覧会の開催に先立ち2021年10月~12月の期間、枚方市内の生涯学習センター・図書館においてスズキコージさんや作品へのメッセージ・コメントを募集しました。

展示会場ではみなさんからのメッセージを公開する場所を設け、会期以前に頂いたメッセージだけではなく、会期中に展示をご覧になった方からのメッセージも一緒に公開していく予定です。

【いま、スズキコージを読もう!】
詳細は【こちら】から
チラシ 「スズキコージ展」チラシ(PDFファイルが開きます。)
スズキコージ展 表
スズキコージ展 裏
その他 主催:        
御殿山生涯学習美術センター/御殿山図書館
(指定管理者:枚方まなびつながりプロジェクト)

協力:株式会社ブルージエイ

※特別警報・暴風警報発令等の気象条件、新型コロナウイルス、その他の理由により開催を予告なく延期または中止する場合がございます。
※感染予防対策として、ご来場の皆さまにはマスク着用と入口での手指の消毒をお願いするとともに、来場者数によっては、入場を制限する場合がございます。
※開催中に記録用の写真撮影を行い、広報等に使用する場合がございます。予めご了承ください。
※駐車スペースには限りがあります。出来るだけ公共の交通機関をご利用下さい。また。満車時は近隣の有料駐車場をご利用下さい。      
写真撮影
について
※会場内は原則として撮影を禁止します。
お問い合わせ

050-7102-3135

mail:info-gotenyama@hira-manatsuna.jp
開館時間:午前9時~午後9時まで(日曜、祝日は午後5時まで)
休館日:毎月第4月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始。
    
公式 Twitter
 

※ご使用のブラウザや機能によっては旧バージョンのTwitterが表示されるか、Twitterを使用できない場合があります。
詳しくは「twitter.comがサポートしているブラウザについて(twitterのヘルプセンター)」をご覧ください。

    
展覧会 Facebook
    
公式 Facebook