展覧会

トップページ展覧会 > アトリエ美術館2019「うつしがたり 小出麻代展」

うつしがたり~小出麻代展バナー

                         
開催日 11.29(金)-12.26(木)
月-土:9時から21時
日・祝:9時から17時
休 館:12.23(月)
会 場 御殿山生涯学習美術センター 入場無料
内 容 「アトリエ美術館」は、御殿山生涯学習美術センターが「ものをつくる」施設であることに着目し、参加者が作家とともに「つくること」を通じて、その造形思想に触れ、交流する場を提供することを目的として、1988年に始まった展覧会です。
Vol.23の2019年は主にガラスや鏡、電球、紙片などの異素材を結びつけたインスタレーションを手がける小出麻代氏を迎え、ワークショップやアーティストトークを行います。
作家紹介小出麻代
1983年大阪府生まれ。
2009年京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程修了。
近年の展覧会に個展「地に還る/地から足を離す」(Gallery PARC、京都、2018)、「生業・ふるまい・チューニング 小出麻代ー越野潤」(京都芸術センター、2018)、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015枯木又プロジェクト」(旧枯木又分校、新潟、2015)など。
アーティストインレジデンスに「END OF SUMMER」(Yale Union,ポートランド,アメリカ,2018)など。

近日開催の展覧会
「kyocera x seika 2019『トロポスフィア:素材が開く新しい世界』」
京都精華大学と京セラ株式会社が連携し、同大学出身の4人のアーティストによる展覧会を京セラギャラリーにて開催します。

【小出麻代HP ◇ Mayo KOIDE ◇】
関連
イベント
アーティストトーク
日時:11.30(土) 17:00-
会場:1Fロビー
聞き手:伊藤まゆみ
(京都精華大学展示コミュニケーションセンター特別任用講師)
入場料無料,事前申し込み不要
オープニングパーティ
日時:11/30(土) 18:00-
会場:創作室1
入場無料、事前申し込み不要
ワークショップ
うつしの味わいー空間と想像を味わう為の時間
日時:12/21(土)
  (昼の間)14:00-15:00 (夜の間)17:00-18:00
会場:御殿山生涯学習美術センター 創作室3
参加費:1000円(お菓子・お茶付き)
定員:各回10名(先着順・要事前申し込み)
申込み:11.23(土・祝)10時より電話受付
チラシ 「うつしがたり 小出麻代展」チラシ(PDFファイルが開きます。) うつしがたり 小出麻代展
その他 主催:        
御殿山生涯学習美術センター
(指定管理者:枚方まなびつながりプロジェクト)        
協力:        
御殿山渚商店会

※特別警報・暴風警報発令等の気象条件、その他の理由により開催を予告なく延期または中止する場合がございます。
※開催中に記録用の写真撮影を行い、広報等に使用する場合がございます。予めご了承ください。
※駐車スペースには限りがあります。出来るだけ公共の交通機関をご利用下さい。また。満車時は近隣の有料駐車場をご利用下さい。      
お問い合わせ

050-7102-3135

mail:info-gotenyama@hira-manatsuna.jp
開館時間:午前9時~午後9時まで(日曜、祝日は午後5時まで)
休館日:毎月第4月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始。